日本生活環境支援協会

誰にでも日常生活の中にひとつぐらいは好きなことがあるはず。そんな見過しそうな”好きなこと”を極めたスペシャリストであることを認定するのが日本生活環境支援協会です。

ベランダで果物を育てるには?《ベランダ菜園士資格の口コミ》

鉢やプランターを使ってベランダで育てられる果物には、「ブルーベリー」「レモン」「ラズベリー」キウイフルーツ」など、意外にたくさんあります。当然のことながら、ただ苗を植えただけでは実をつけてはくれません。ここではプランターでの果物の育て方についてご紹介します。

1.育て方

果物をベランダで育てる場合、まずは日当たりを確保しましょう。苗を植えた後、日当たりのいい場所に移動するのもいいのですが、土でかなりの重さになっているので、できれば最初からその場所で作業するのがおすすめです。

その後その果物に合った水やりを行います。同じ種類の果物でも、環境によって水やりの頻度が違ってくるので要注意です。また果物の生長に合わせて追肥も行いましょう。追肥の必要性や時期も果物の種類によって異なります。

更に受粉のための虫があまり来ないなど、果物が育つ環境によっては人工授粉を検討したほうがいい場合もあります。

十分に果物が育ってきたら、いよいよ収穫です。この方法も果物によって違うのでそれぞれに合わせて収穫するようにしましょう。

2.前提の必要性

剪定も果物によって必要な時期や方法が異なります。

剪定するのはもったいないと感じるかもしれませんが、果物をおいしく育てるためにこれは必要な作業です。育ちが悪い実を取り除くことで、残った実にしっかり栄養がいきわたったり、日当たりがよくなったりするためです。おいしい果物を育てるために、剪定のひと手間を大切にして、手入れするようにしましょう。

3.植え替え

植物が大きくなってきた場合、植え替えが必要になるケースもあります。小さい鉢やプランターを使い続けると、植物の生長に悪影響を与えてしまいます。

植え替えする時は、植物の根を傷つけないように注意しましょう。丁寧に扱いながら、果物のサイズに合った大きさの鉢やプランターに移し替えることが重要です。

《ベランダ菜園士資格の口コミ》

ベランダ菜園士は、ベランダ菜園での植物、野菜の基本的な育て方の知識と技術を習得し、それをしっかり管理できる人に与えられる資格です。

ここでベランダ菜園士の資格を持つ人たちの口コミをご紹介しましょう。

・自分で育てた新鮮な野菜は農薬を使っていないので、安心して食べられます。

・思ったより手軽に始められ、家のベランダでもいろんな野菜が育てられます。

・仕事を始めたので借りていた菜園をやめ、ベランダ菜園に変えたら負担なく楽しめています。

 

www.nihonsupport.org

nihonshikaku.hatenablog.com

nihonshikaku.hatenablog.com

nihonshikaku.hatenablog.com